「ITProEXPO2013」行ってきた

まずは、IT関係者としての話。
こういった、大きい展示会に行くのは本当に久しぶりで、いろいろ参考になったわけですが。今回は、モバイル・クラウド・ソーシャル・ビッグデータ・セキュリティと気になるキーワードが盛りだくさんで基調講演も楽しみすぎて、10コマもセミナー予約して聞いてしまった。

「経営のためのIT」とか「よりビジネスに直結したIT」とか、「欧米では現場力があまりないからトップダウンでIT下ろしやすい。日本は現場力があり過ぎて、勘や経験が邪魔してITを使ってくれない」みたいな話があって、ちょっと話が飛躍しすぎている感もありましたが、地方とそんなに変わらない状況で意外と日本のIT化って進んでいないんだなという印象を受けた。

Web屋の立場としては、やはり標的型サーバー攻撃がWebアプリケーションの脆弱性を狙ったものに、という件が気になりましたね。自前のコードなんかのXSSやインジェクションとか見過ごす可能性もありそうなので、発想を変えないとやっぱりこれからはまずいですね。

ITクロEXPOの話

今回、500名の抽選にハズレて、諦めていたのですが、中継で見れるということで見てきた。本人たちのいない別ブースでLV中継という今回の現場は、ここ数年でも珍しい超アウェー空間でした。私を含めスーツのおっさんばかりで、ほんの数名のギャラパーモノノフが確認できる程度。overtureも途中からで、コールのタイミングが微妙に。サイリウムをスーツの下に隠し持っていたものの、さすがに空気読みました。

そんな感じでしたので、フル自己紹介も何か妙な空気感で、「ぷにっぷにー」って、若干小声であわせるというw 不甲斐なさ。

しかし、実際にはモノノフ、かなりいたんだと思う。よくみると、私のような労働讃歌の緑ネクタイデザイン風の色違いの人がたくさんいらっしゃいましたし。終わったあとに、スーツからサイリウムをちょっと見せて反応を伺うと、「あーそうなんですか!実は私も…」という忍者の合言葉のような感じで。忍びの世界のモノノフという、おもしろい現場でした。

it-1024x764

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です