映画『この世界の片隅に』は戦時中を追体験できる映画

久しぶりに嫁さんと映画でも行ってみようと思い、前情報も入れず、なんとなく選んで観に行った。

予想以上にとんでもなくすごい映画で、完全にやられてしまった。打ちのめされて放心状態… もう衝撃が凄すぎて、3時間くらいほかの人の感想をずっとググった挙句、もやもやは収まらず、急いで公式ガイドブックとユリイカを速攻で買ってきて、一日中読む。その後、3日間くらい頭から離れず、もやもやした毎日を送ることとなった。とても恐ろしい映画だ(笑)

優しい絵でほんわかした話なのに、喜怒哀楽、やさしさ、厳しさ…いろんなものがたくさん詰まった映画でした。

「この世界はどんなふうに あなたには見えますか?」と問いかけてくるこれを見た直後は、混乱して感想が出てこなかった。家族で2回目を見た後に、なんとなくこれは「戦時中を追体験できる映画」だなと思った。

この作品は映画館で見てほしい。映画館だからこそ戦時中シミュレーターとして没入感が増す。とにかく見て体験してほしい、そんな映画。

…とはいえ、これがなかなか伝わらないんですよね。こんな感想が書きにくい上、良さを伝えにくい映画ないよね。

私の周りの人、地元広島、呉の人なんかだと「もう、そういうの散々聞かされているからいいよ」ってなって、話を聞いてくれないんですよね。広島県といっても福山市ですからぜんぜん遠いのですが「爆弾持って特攻する練習させられとったわ」っていう話を聞いたことがあるくらいは、地元なんですが。でも、そんな映画でもないのですが。うーん。

「この世界の片隅に」森永ミルクキャラメル
映画館でもらった「森永ミルクキャラメル」

映画『この世界の片隅に』を観て衝撃を受けた方は、こちらも観ていただければ、さらにトラウマが増えること間違いなしのアニメ映画です。

風が吹くとき デジタルリマスター版 [DVD] http://amazon.co.jp/dp/B002BGHXE2/

みなさま聖地巡礼で広島にお越しの際は、呉の『大和ミュージアム』へどうぞ。「回天」みてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です