「ももクロ夏のバカ騒ぎ2012西武ドーム大会」行ってきた

いやー行って来ましたよ西武ドーム!

「ライブどうだった?」と聞いてくれた人に、「まず、家から出てー」と杏果ばりのロングトークを展開しようとすると、「もういいです」となったので、ここに書きます。(ひとりごとです)

池袋の乗り換えはどうかなーと思っていましたが、カラフルな人たちについていくとだいたい合ってるというももクロちゃんのライブの強み。いいね!

ていうか、車内でがっつりコスの人が多い!田舎者はそれだけで「東京スゲー」と純粋に思っちゃったりするわけですが、Z伝説の衣装着た人が隣のつり革につかまっているという状況は普通驚くでしょ?

んで、西武球場前駅ですよ、こんな構造の駅なんて見たことないよ。(まあ、それも帰りにわかるんですが…。正直、この時点では想像つかなかった)13時過ぎに到着。すでに数えきれない人の量!圧倒されます。3万7千人ぱねーっす。

1

たくさん会場レポートしようと思っていたのですが、あまかった。炎天下、少しでも日陰を確保するために定位置で陣取ると動けない状況に。ライブ前に無駄な体力消費は避けたいので、近くの人でグッと来た人に声をかけました。

7b4fc9916a675aa9fcf8cd44424c2716

ノリの良いピカチューコスの人。

写真ではコマネチが気合入りすぎていてピカチュウに見えませんがw いいね!

538ccd6f145acecd2fb96c0cb08fd559

玉井ブラザースのお二人。

ぐっと来たポイントは、無地の黄色いTシャツに、現場で直接マジックで玉井と書き入れるワイルドさ。いいね!

7bee9ba4def10d1956d5fae5668feb01

Z女戦争コスの人。

後ろに気合の入ったザク衣装の男子がいらっしゃたのですが、スルーして(ごめん)かわいい女子の方にお声をかけました。自作だそうです。いいね!

2fc095509d3d9a0f314a180cb325de22

れにちゃん推しパープル網タイツの人

ただならぬ気迫を感じますね。ご本人も息苦しい..とおしゃっていましたがグッと来ました。いいね!

いよいよ会場入り

初のももクロ現場。しかも野球場にくること自体も初めてなのでもう期待と興奮MAX、会場でけぇ!(撮影禁止なので会場の写真は無し)

席はスタンド一塁側前方。正直、席は良くなかった。ライブは始まったがステージは遠すぎて肉眼ではほぼ確認出来なかった。しかも推しの二人は反対側の位置。最後列にしおりんとれにちゃんが通り過ぎたがほとんど見えず。

ももクロちゃんたちは最後まで来なかった。

今回も、実際に目で見ることは出来なかった。まぁ、会えないほうが良かったのだろう。ファンタジーはファンタジーのままで残ったのだから。

しかしだ!今回、私はファンとの一体感を味わうことが目的なのだ。ライブビューイングの屈辱を晴らすべく、躊躇せず全力コールすること。途中からモニターも見ず、全力コールに集中。もう自分との戦いです。横の方、後方の方と、気さくな方たちでほんとありがたかったです。モノノフ最高!

「アンコール」という言葉を、全力で5分間ほど叫んだらどうなるか?喉に来るのかと思ったら、まず腹筋からダメージが。笑 そして酸欠状態になっていくなか、アンコール突入!たすかった。

そうしてライブも終了。花火映像と謎の素人風場内アナウンスで観客がざわめく。そう規制退場である。3万7千人が一斉に帰るわけだから、それはかなりの地獄絵図。会場から出ても、すぐに電車に乗れない。蒸し暑い中でひたすら待つ。戦慄の順番待ち。西武という冠をつけているわけだから西武電鉄もうちょっと運行を考えたほうがいいのではと思わずにはいられない。結局ホテルについたのは0時を回っていました。

しかし個人的に本当の地獄は次の日だったのでした…。

↓ちなみに着て行った自作Tシャツ(使用後)。アイロンプリントで作ったら風を通さないので超蒸れたという失敗談。

2012-08-07-22.28.57

 

西武ドームさめやらぬ余韻

そして帰ってきて仕事山積みなんですが、いまだにももクロちゃん西武ドームの余韻でニヤニヤ。歳のせいか、2日遅れで全身の筋肉から悲鳴がw

  • ニヤニヤポイントその(1) 「怒涛の三味線!吉田兄弟からのワニシャン!」

予想通り新曲「ニッポン笑顔百景」からかとおもいきや、いきなりのワニシャン!テンション上がるぅ!!

その後、ちゃんと新曲披露もバッチリ!

  • ニヤニヤポイントその(2) 「盛り上がるのにあんまり演らないD純や労働、キミセカそして天手力男!」

働こー!→「ハイ!」「DASH」×8 の連呼!もー最高!!
あと、ミラボやピンキーもポイント高い!

  • ニヤニヤポイントその(3) 「オールスターズに引き続き、南ピーしげる松崎!」

よっぽどご縁があるのか、このまえ参加したLVに引き続きご登場。
しかも一塁側!真ん前w  このライブ、肉眼で確認できたのは南ピーさんだけ!あと謎の演出、林家ペーパー夫妻のなにを言っているのかわからないパフォーマンス!終始ニヤニヤでした。

  • ニヤニヤポイントその(4)「屈辱の岡南LVからの雪辱戦!全力コール!!」

もうトラウマになった岡南LVでのコールへの周りからの失笑。それに躊躇してしまった自分の不甲斐なさ。その時のリベンジを誓って、もう今回は、なにが何でも最後まで全力コールを続ける気で望みました。(この声枯れちゃっても)定番のニッポン万歳!ももかの東北パート!そして全力でアンコール連呼!~からの無限の愛!!終わったあとの達成感は計り知れないものがありましたね。

「またひとつの“Z伝説”になったんじゃないかなって思います」という振りがあったので、馬鹿騒ぎライブのアンコールラストはZ伝説でしめれば最高だったのになぁ~とちょっと妄想。

  • ニヤニヤポイントその(5)「ファンの人との交流が嬉しい!」

ドームでのライブ、CDよりも明らかに劣化した音を聞きに行く意味とは何か?それはやっぱり一体感ですよ!いや~最高でしたね。

ファンの方々と、いろいろお話させてもらったのですが、実際にあってお話すると違いますね。同じ情報をインプットしているので、だいたい考えていることも近くなる。シンクロ率が半端ないです。地方にいては味わえないこんな幸せな空間があったんだなと本当に実感しました。

  • 後ろの席の方、同じ推しで心強かった!コールも気合入ってた。素晴らしい!
  • 隣の席の箱推しの方、公式グッズ完全装備で気合入っていました。凄いッ!

でも、今回発表になったファンクラブには意地でも入らない(入れない)けどね。

(おまけ)個人的に地獄だった件

今回どう頑張っても帰れないことが決定的だったので、仕事に対するプライドから有給をほとんど使ったことのない私が、ももクロちゃんのために使うというw 贅沢な使い方をしてみた。もうこの先ライブで都心に出てくることもそうないだろうしね。

ゆっくり東京見物でもして帰ろうと思っていたわけなんですが、そこで事件ですよ奥さん!

場所も知らない東京のど真ん中、突然の土砂降りの中、iPhoneを落として紛失という大失態!

うわーこれにはさすがにテンパった!

歩いてきた道をズブ濡れで捜索。30分ぐらいして、自分のiPhoneに電話をかければ誰か出るんじゃないか?という事にやっと気づいてw 電話…しようにも公衆電話がない。そこでまた焦るが、近くのコンビニで聞きまくる。近くの地下鉄の中にあるというので、そこから通話。

1時間経過、ずっーと不通。「絶望」の2文字が頭をよぎる。放心状態のまま地下鉄に乗りあきらめて帰ろうとした、そこでフラッシュバック!

ももクロちゃんのDNA狂詩曲「♪絶望…それは弱虫の言い訳~」
PUSH「あきめない!あきめない!あきめない!あきめない!」
Z伝説、夏菜子の「絶対 あきらめない WE ARE!!」が次々と脳内再生。

そう、ここであきらめてどうするんだよ! そう、どんなときでも平常心。そう!そう!

まだ時間はある。iPhoneの電池が切れるまでは可能性はあるはずだ!それに、地下鉄の公衆電話からかけていたせいもあるかわからないし、雨の影響かもしれない。そこで地上にある公衆電話を見つけてひたすら粘った。

2時間後、繋がった! …しかし電波が弱い。相手の声が聞き取れない。すぐに切れる。10回ぐらいで何とか相手さんの場所のキーワード確認。そのキーワードを頼りに、通りすがりの人に聞きまくって何とか捜索終了。無事戻って来ました!拾ってくれた人がいい人で本当にたすかった!ありがとうございます!!

完全にiPhoneに機能を集中していたせいか、無くなるとお手上げ状態になるという脆弱性があらわになった今回の教訓。半日かけてiPhoneを探しまわったというマヌケなお話でした。

「「ももクロ夏のバカ騒ぎ2012西武ドーム大会」行ってきた」への2件のフィードバック

  1. 先日の西武ドームは遠征お疲れ様でした!
    パープル網タイツの人の隣にいた黄色のしおりんおしの者です。
    当日は素敵なお名刺有難う御座いました!
    navさんのブログ面白くてついつい読んでしまいますww
    西武ドームのあの日の熱気が蘇ってきます☆

  2. 笑顔の素敵なしおりんおしさんですね。
    こちらこそ、ありがとうございました!
    シンクロ率が半端ない幸せな空間でした。

コメントは停止中です。