「パシフィック・リム(3D:吹き替え)」観に行ってきた

連続ドラマの「前回のあらすじ」みたいに、設定をオープニングで説明し、「こういう設定で行きますからね!」という前フリが思い切ってて逆に新鮮。格闘シーンよりもそこまでの話を長くしてもらいたい感じでしたが、潔い構成。

芦田愛菜さんの回想シーンあたりまでは、思ってたよりも、「2012」みたいなパニック映画ノリでしたが、だんだんと、バカ度が増してくるところがじわっとニヤニヤしてくる映画。

もう、完全にステレオタイプなオタク研究者二人出てきたときは、「あ、本編はここからなんだな」と思った。

加えて、怪獣臓器売買業者のおっさんがまたいいキャラしてて、オタク研究者と、いいからみをしてくれる。最後のオチ、どうせならその方面からのアイデアで絶体絶命のピンチから、コペルニクス的展開を見せてほしかった。そうすれば、よりロックスターに近づけると思った(比喩)

ツッコミどころ満載で、ロボットアニメ好きな人は見所は多いと思う映画でした。

ところで、「イェーガー」って聞いた瞬間、この曲しか浮かばなかった私は完全にIIDX脳ということで。